9月27日に開催された技術書展7に参加しました。

同人誌を書いたのも、即売会に出したのも初めてのことだったので、大変でしたが非常に楽しい経験ができました。 現地まで買いに来てくださった皆様、ありがとうございました!! 使っているシミュレーター、アルゴリズムについても色々議論できて大変勉強になりました。

今は書籍はBOOTHでも頒布しています。電子版もセットになっています。ぜひお求めください。

強化学習 基礎から実践 PyTorchとmachinaで二足歩行エージェントをつくる

RoboSchoolでの2足歩行ロボットのシミュレーションには課題が見えてきました。 様々なシミュレーターを比較できればいいなと思ってます。 プリメイドAIのopen AI gym環境はpypiで公開してます。 https://pypi.org/project/premaidai-gym/

premaidai_walking

参加メモ 

次回参加したときに役に立つかもしれないのでメモしておきます。 印刷はねこのしっぽに発注しました。 入稿は早割に間に合って10%オフで印刷できました。 ページ数を2ページ変えることで総印刷代が変わるので、なるべく余白ができないように調整しました。 反省点は入稿を急ぐあまり誤字が残ってしまったことです…。 1日以上チェックの時間を設けるのが理想的だと思います。

ブースを作るために準備したものは

  • テーブルクロス
  • ポスタースタンド
  • 本立て
  • 値札スタンド
  • 見本誌に貼るためのシール
  • ポスター
  • 値札
  • かんたん後払い用QRコードを印刷したもの
  • 釣り銭

でした。

机の下にものを置いたり、テーブルにフックを掛けてかばんをかけることができたので、 あの布みたいなものは必要だとは感じませんでした。

売値が1500円だったので、500円玉の釣り銭を銀行で用意したのですが、50枚も両替してしまって枚数が多すぎました。 即売会の参加者は予め500円玉を準備されて来るような方がとても多かったです。 100部以上頒布して10枚程度用意があれば十分でした。

次回の技術書展8は 

仕事が正念場を迎えていて、時間がとれず間に合いませんでした。 9以降に出せればと思います。 内容としては強化学習を実機に適用するための研究紹介と、できればプリメイドAI実機で動かす…を考えています。

最後に、もう一回、技術書展7で出した同人誌はBOOTHでも頒布しています。電子版もセットになっています。ぜひお求めください!!!

強化学習 基礎から実践 PyTorchとmachinaで二足歩行エージェントをつくる